絶対に失敗しないアパート経営について知ろう|利益に繋げる為に必要

男性

相続を想定した投資

つみき

節税と資産としての魅力

資産を相続することを考慮してマンション経営をするという考え方が広まってきています。相続を行う際には相続税を納める都合によって大きく資産が目減りしてしまうため、残された遺族にできるだけ多くの資産を渡そうとすると工夫が必要です。マンション経営が選ばれているのは節税効果が高いことに加えて、遺族にとって魅力的な資産となるからでしょう。相続税においては現金はそのまま課税対象になりますが、不動産の場合には評価額によって計算されることになります。時価に比べると7割から8割程度になるため、現金資産を持っているよりも相続税が軽減されるでしょう。また、不動産については小規模宅地等の特例などのいくつかの特例が認められていて、該当すれば減税を行うことが可能です。マンション経営をしている場合には現金で持っていた場合の半額未満になる場合もあるので魅力が大きい節税方法となっています。また、配偶者に対する生前贈与を行うと配偶者控除を受けられるため相続を待たずに行っておけば税額を減らせる可能性も十分にあります。一方、マンション経営を行って経営が安定していると、残された遺族が相続しても経営は安定したまま当面は収入に困ることがなくなります。長期的に見ると修繕や空室対策などが必要になる可能性はありますが、本人が亡くなってしまってから暮らし方が定まるまでの間は大きな家賃収入を得て暮らせるため、遺族にとっても魅力的な遺産になるのです。